営業の魔法365-免責事項

<メールマガジン等定期購読規約>

本メールマガジン等定期購読規約(以下「本規約」という)には、株式会社M&G(以下「当社」という)が制作したメールマガジン又はニュースレター又は『営業の魔法365』1分間コーチ(以下「本メールマガジン等」という)の定期購読についての貴方と当社との間の契約条件が規定されています。

第1条(本メールマガジン等の申込み) 

1.本メールマガジン等の申込希望者は、当社の運営するウェブサイト(以下「本サイト」という)に記載する手続に従って、氏名・住所・電話番号その他当社の別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を本サイト上の申込フォームに記載して、本サイトから送信する方法、または当社が指定するその他の方法でのみ本メールマガジン等の定期購読の申込を行なうことができるものとします。

2.登録情報に誤りがある申込または第三者名義の申込その他当社が不正申込と判断した申込は無効とします。

3.定期購読者は、本サイト上の本規約掲載画面の「同意する」ボタンをクリックすること、または、本メールマガジン等の定期購読を申し込むことにより、本規約の内容を承諾したものとみなされます。

4.当社は、メールアドレスその他申込希望者の入力内容に関して、一切の責任を負わないものとします。

第2条(メールマガジン等の発送)

1.当社は、本メールマガジン等の定期購読を申し込まれた方(以下「定期購読者」という)に対し、本メールマガジン等を定期的に発送します。ただし、当社は、本メールマガジン等の発行の有無、頻度、発行日、送信時刻を当社の裁量により決定するものとし、本メールマガジン等の発行の遅延に関して一切の責任を負わないものとします。

2.当社は、定期購読者に事前の通知なく、本メールマガジン等の定期的な発行を中止または終了できるものとし、当該中止または終了に関して、定期購読者に対して一切の責任を負わないものとします。

3.受信メールボックスの容量オーバー、インターネットプロバイダのトラブルその他理由のいかんを問わず、定期購読者が本メールマガジン等を受信できなかった場合でも、当社は、本メールマガジン等を再配信しないものとします。

4.当社は、本メールマガジン等の内容に関する問い合わせを受け付けないものとします。

第3条(定期購読料)

1.別途本ウェブサイト上に記載のない限り、本メールマガジン等の定期購読料は、無料とします。

2.本メールマガジン等の送料は当社負担とします。ただし、本メールマガジン等の受信に要する通信費その他の費用は定期購読者が負担するものとします。

第4条(定期購読の終了)

 定期購読者は、本サイト上の手続または当社が指定するその他の手続に従って、当社に通知することにより、本メールマガジン等の定期購読を終了することができます。ただし、本規約第5条、第6条および第8条は、本規約の終了後も有効とします。

第5条(登録情報の使用)

 当社は、当社のウェブサイトに掲載されるプライバシーポリシーに従い、登録情報および定期購読者が本メールマガジン等を申し込む過程において当社が知り得た情報を使用することができるものとします。

第6条(著作権等)

1.本メールマガジン等に対する著作権その他一切の知的財産権又はその使用権は、当社に帰属し、定期購読者はこれらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。

2.定期購読者は、営業のために行う場合を除き、本メールマガジン等の内容を引用又は転載することができる。ただし、定期購読者は、中村信仁が著作者であること(例:「中村信仁によれば・・・」)及び本サイトトップページのURL(http://www.topstory.jp/)を明記しなければならない。

第7条 (通知および同意の方法)

1.当社から定期購読者への通知は、本規約に別に定めのある場合を除き、当社からの電子メールもしくは本サイト上の一般掲示またはその他当社が適当と認める方法により行なわれるものとします。

2.前項の通知が電子メールで行なわれる場合には、登録情報として登録された電子メールアドレス宛への当社からの発信をもって通知が完了したものとみなします。

3.本条1項の通知が本サイト上の一般掲示で行なわれる場合は、当該通知が本サイト上に掲示された時点(本サイトにアップロードされた時点)をもって定期購読者への通知が完了したものとみなします。

第8条(管轄)

本メールマガジン等に関連する一切の紛争については、当社の本店が属する地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

付則 本規約は2008年4月1日より実施するものとします。
営業の魔法 © topstory.jp